もの見ない目。

建築をデザインするヨミモノ。 世界の建築デザインのトピックスを伝えるブログ。 -EYES WHICH DO NOT SEE-

スポンサーサイト

ブログを建築+に移動しました。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うらやましい建築。

ブログを建築+に移動しました。




nagasaki

長崎県美術館・設計:隈研吾
この美術館の閉館時間は8時だそうです。ほかにも珍しいというか普通ではない部分がいくつかあります。
新しいことをしようとするクライアントにめぐり合う設計者と、それを日常的に利用することができる市民は幸福だなって思います。
建築が活きてる感じです。

県庁の挑戦~ハコモノ行政はもういらない
(長崎県美術館編)




www.flickr.com





建築+


スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 23:41:12|
  2. 建築のこと。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

auのコンセプトモデル3種

ブログを建築+に移動しました。




au

田村奈穂氏の「cypres」。ペンダントトップとして使うことも想定した小さなデバイスと端末がセットになっている
au2

ロス・ミクブライド氏の「vols」
au3

ブラッドリー・フレイザー氏の「Kaos」
日本の携帯電話はダサイ。
auのおかげでそういうフレーズも一色されるかもしれません。
番号ポータビリティ云々ではauが一人勝ちみたいですが、これからの携帯に何がひつようなんでしょうか。
楽しみです。

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/31(火) 23:31:05|
  2. デザインすること。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊東豊雄「建築-新しいリアル」

ブログを建築+に移動しました。




毎週土曜日には伊東豊雄事務所の方が展示会を案内するし、建築家を招いてのディスカッションも行われています。

僕は会社が近くなので昼休みに行ってきました。
今進行しているプロジェクトも、過去のものも紹介されているんですが、伊東豊雄という人はすごく鋭い人だと感じました。
建物はプランができてすぐ完成するわけではなくて、今考えていることは1年、2年後に実体化するんですが、伊東豊雄の作品はそんな感じがしない。新しい感覚があります。
それを見るたびに建築ってすごい!!って。
でも、その新しい感覚もいつか古くなることがさびしいです。なので、週末はちょっと前の建物を見に行ってきます。
いい建築に出会えればいいけど。

http://www.operacity.jp/ag/exh77/



www.flickr.com





建築+


テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/31(火) 21:58:04|
  2. 建築のこと。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
kentikuplus.jpg


caddata2.jpg



次のページ