もの見ない目。

建築をデザインするヨミモノ。 世界の建築デザインのトピックスを伝えるブログ。 -EYES WHICH DO NOT SEE-

スポンサーサイト

ブログを建築+に移動しました。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京オリンピックの舞台となる建築

ブログを建築+に移動しました。




2016年のオリンピック開催候補地を視察のため、国際オリンピック委員会(ioc)評価委員会のメンバーが14日に来日しました。
現在までに、候補地として残っている都市は、東京(日本)・シカゴ(アメリカ)・マドリッド(スペイン)・リオデジャネイロ(ブラジル)の4都市。2009年10月にデンマークのコペンハーゲンで開催地決定の発表があるまで、この4都市それぞれのアピールが続くことになります。

各都市にそれぞれの大会コンセプトがあるのですが、東京が掲げるのは「世界最高の環境 ヒーローたちの檜舞台」
具体的には、東京という世界を代表する大都市の中で、環境にやさしいコンパクトなオリンピックを実現する。といったものです。
このビックキーワードを軸に開催計画が練られているわけですが、注目すべきは会場をどうするのか、ということです。
世界中が環境配慮に取り組んでいる、もしくは取り組むべきである現代社会においてふさわしいオリンピックでなければなりません。既存施設の利用もそのテーマに取り組む東京にとって、とても大切なキーワードです。

現在までに会場候補地としてあげられている既存施設は、東京ビックサイト、有明テニスの森、国立代々木競技場、東京体育館、国立競技場、日本武道館、東京国際フォーラム、国技館などです。

結果は半年後までわかりませんが、東京でオリンピックを開催できることになるように、それも、世界に誇れる素晴らしいものになるように楽しみながら応援していきましょう。

東京ビックサイト


有明テニスの森

国立代々木競技場


東京体育館

国立競技場

日本武道館

東京国際フォーラム

国技館

札幌ドーム

埼玉スタジアム

横浜国際総合競技場

  1. 2009/04/16(木) 00:12:47|
  2. 建築のこと。
kentikuplus.jpg


caddata2.jpg